HOME>アーカイブ>環境設備を整えることで、再精通アップに繋がる

ミレニアル世代の新しい仕事

スタジオ

2000年代に入って新たに職業として認められるようになったのが、動画を投稿するクリエイターと言う仕事です。動画制作が主な仕事で一人ひとりが個人事業主となり、自分の好きな動画を投稿することで広告収入を得て生計を立てます。90年代には考えられなかった新たな職業であり、動画の編集や撮影ができれば誰でも参入できるので、10代の参入も目覚ましい分野です。動画投稿をして視聴者がその動画を再生すると、広告が表示され、それが収入源になります。人気の動画投稿者の場合、年間1億円以上を稼ぐ者もいて、新たな富裕層を生み出している分野です。動画制作だけで食べていくことができます。

再生数を稼ぐための設備投資

WEB制作

収入に直結するのは動画の再生数です。そのため、再生数を挙げるためには動画制作の過程で編集を工夫したり、編集を快適に行うための設備投資が不可欠です。カメラやパソコンというのは動画投稿を行なうための基本設備であるため、投資を惜しまずに編集の効率を高めることが大切です。他方で、編集に関してはある程度の再生数を稼ぐことができるようになると、下請けに出す人も増えます。そうすることで、動画の撮影に集中することができるからです。

テーマを決めてファンを引きつける

ビデオカメラ

テーマを決めて固定ファンを獲得することは、動画制作における基本スタンスです。ネット上には様々な動画が投稿されていますが、得意分野やテーマがはっきりしていると視聴者にもわかりやすく、興味を持ってもらうことができます。例えば、女性の動画投稿者に多いのがメイクやファッションに特化した動画です。メイクなどの動画の投稿することで女性の固定ファンの獲得につながっています。固定ファンがいれば、毎回安定した動画の再生数を得ることが出来るのです。